外国人技能実習とは

経済的な国際貢献を目的とした制度で、日本の企業が開発途上国の青年を実習生として受け入れ、一定の在留期間中に人材育成と技能実習を行います。
企業側には実習生を受け入れ、技能実習計画に於ける生産工程の確認等により会社全体の生産性の向上が図れ、また、技能実習指導員配置により責任感と向上心が生まれ、結果的に他の社員にも向上心が生まれるというメリットが考えられます。
当組合は、外国人技能実習機構より技能実習1号、2号はもちろん3号監理の許可を受けている一般監理事業区分の組合として外国人技能実習制度を推進しています。
また、制度推進に関しては(財)国際研修協力機構(JITCO)の支援を受けています。

導入のメリット
安定した実習活動の継続と生産性

厳しい採用基準・人選+徹底した教育・管理で安心して導入いただけます。
企業様のご要望の人数に対し、しっかり採用基準を設け、人選を行います。
採用から入国後の教育や管理まで日本と現地で協力して実現しております。

「動員力」+企業様ニーズに合った「実習」が可能

職種やニーズに合わせて採用する国を決定します。
企業様のご要望に合わせて、ベトナム・タイ・フィリピン・インドネシア・モンゴル・中国・ミャンマーから採用致します。
各国複数の送り出し機関と連携していますのでご依頼された人数が可能となるよう動いてまいります!

企業内の活性化
受け入れまでの流れ
団体監理型受け入れの概要図

※常勤職員数とは、社会保険の加入者を言います。
※常勤職員数には、技能実習生(1号、2号及び3号)は含まれません。
※主な出身国:ベトナム・タイ・フィリピン・インドネシア・モンゴル・中華人民共和国・ミャンマー
※2号卒業時試験の合格者輩出他優良要件を満たし認定を受けると受け入れ可能人数が倍増します。
※個人事業でも受け入れが可能です。


■技能実習の職種・作業の範囲については【こちら(pdfファイル)】をご参照ください。


■実施機関には以下の方の選任と宿舎備品のご提供をお願い申し上げます。
  ・技能実習責任者
  ・技能実習指導員(5年以上の職務経験を有する常勤従業員)
  ・生活指導員
  ・宿舎と備品の提供
   (1人あたり4.5㎡となる寝室/台所・トイレ・シャワー設備/寝具・調理器具・食器・空調設備など)

よくある質問
実習生の語学レベルと業務レベルはどのくらいでしょうか?
出国前に日本語教育と、日本の文化や基礎知識についての研修を行います。
入国後は1ヶ月間の生活研修があり、実際に住むことになる地域のルールや生活習慣などを講習します。
事前にお伺いすることで、御社に関する知識などを実習開始前にあらかじめ教えておくこともできます。
希望通りの人数を採用できますか?
各国複数の送り出し機関と提携していますので、ご依頼人数と合致するように手配いたします。
海外まで採用に行かなければならないのでしょうか?
スカイプ等を使用した日本からの面接も可能です。
しかし現地採用に直接ご来場いただく方が、希望の人材を採用できます。
費用はどのくらいかかりますか?
企業様にも十分なコストメリットがあります。詳細についてはお問い合わせください。
通訳は必要ですか?
当組合より通訳者(母国語スタッフ)を同行させて、配属時、又その後適宜、巡回しフォローいたします。
1年間のみの受け入れは可能ですか?
1年間に制限される職種もありますが、技能実習対象職種は原則として3年間となります。
他の協同組合との違いは何ですか?
当組合はコンプライアンス重視で運営しており、発足から12年の運営実績がございます。
技能実習中は担当(日本人)と母国語スタッフによって、細部に至るまで正確にご対応いたします。
実習期間を無事に満了できるよう、責任をもって従事させていただきます。
作業に必要な資格がある場合はどうすればいいですか?
各企業様にて必要な資格を取得していただきます。(フォークリフト、玉掛け、クレーン等)
実習生はどこに居住しますか?
企業様の勤務地近隣に住居をご用意願います。
1人あたり3畳の居室/台所・トイレ・シャワー設備/寝具・調理器具・食器など/光熱水費が必要です。
実習生の定着性はいかがですか?
基本的に3年の期限の為、辞める者はまずいません。
当組合では高い言語能力と専門スキルを兼ね備えた
海外エンジニアを受け入れる斡旋機関をご紹介いたします。

即戦力となるエンジニアの確保
コミュニケーション能力+技術力
海外進出の日系企業や同業者での経験を持つエンジニア(院卒・四大卒)が多数在籍しているため、即戦力として活躍できます。
また、海外のお客様および取引先と確実かつ迅速な意思疎通ができるため、日本人が不得意なコミュニケーションの補完ができ、英語文化圏の慣習に則った交渉を行うことが可能です。

グローバリゼーションへの近道
海外エンジニアによる職場のシナジー効果
外国人のエンジニアが在籍することで、日常的に英語でコミュニケーションを行う習慣が職場内に浸透します。
経験豊富な外国人エンジニア海外要員を実践的に訓練・育成することも可能です。

お客様のスキルニーズに合わせて現地で人選するサーチ型と、既に当組合に登録している正社員の外国人エンジニアから人選するバンク型で対応いたします。
電機系からIT系まで、幅広い高スキルエンジニアのご提案が可能です。